Skip to main content

Posts

Showing posts from April, 2015

Dr. Donato's Special Guest at the KAT JAMES Show

Dr. Donato stars as special guest in the  KAT JAMES show.

ABOUT THE SHOW Kat James’ fast-paced new radio show comes to life with living snapshots of unfolding, dramatic transformation, straight from her acclaimed Total Transformation® programs and from her award-winning bestseller, The Truth About Beauty. Featuring leading experts and maverick pioneers, Kat’s show promises unprecedented living inspiration and cut-to-the-chase solutions to today’s most pressing health, quality-of-life, anti-aging, body image, and beauty concerns.
Click the link below: Listen to the Radio Interview

日本での IPT

Donato療法と言われていたもので、約85年ほど前にメキシコの軍医Donato Perez Garcia ,Sr.(1896-1971)によってDonato療法として始められたものです。
 最初は栄養補給とヒ素による梅毒治療が主でしたが、米国で息子のDonato Perez Garcia Belon, Jr.(1930-2000)とカナダ人Dr. Steven G Ayreによって研究、論文発表がなされ、世界に広がっていきました。
 現在、孫のDonato Perez Garciaによって継承され、癌治療や難治性感染症等の治療に利用されています。
 インシュリンを使用することにより、がん細胞の薬剤透過性を高めるため、また細胞増殖のS期(DNA合成期)の数を増やす働きのため、抗がん剤を少量でも有効にきかせることができます。頻回に投与でき、寝ている癌が目覚めて分裂し始めてもすぐ殺すことができるし、多種類の癌細胞が含まれていても複数の抗がん剤を使うことができるので、効く確率も上がります。

http://www.okunoipt.com/ipt01/index.html
IPT治療法治療方法と抗癌剤決定の為、今までの治療経過がわかる資料、紹介状、レントゲン写真、検査データ等をできるだけ持参し、カウンセリングに来ていただきます。治療開始が決まれば効果判定に必要な為、当院で採血、CT、レントゲン、PET検査等受けていただき、注射、開始日を決め、スタートします。外来で治療できます。朝食をとらないで、軽食をもって来院します。
血糖を測定し、インシュリン量を計算してインシュリンを注射し、点滴を開始します。therapeutic momentと言われるところで、少量の抗癌剤を何種類か注射します。糖分の入った抗癌作用のあるその他の薬剤を入れてある点滴を開始し、朝食を食べて、 点滴が終了したら血糖を測定し、問題ないことを確認し、帰っていただきます。
何の抗癌剤の副作用のつらさもなく、帰宅できます。病状にもよりますが、原則として最初 は週2回注射し、3週間計6回打ち、以後は週1回注射し続け、2ヶ月前後で効果判定し、同じ抗癌剤で継続するかを検討します。初期で癌が消え、腫瘍マー カーが正常になればやめます。また末期癌で、癌が消えず大きさが抑えられ、…

Timing of cancer chemotherapy using IPTLD® is crucial

Timing of cancer chemotherapy using IPTLD® is crucial for the success of treatment
By Donato Perez Garcia, MD (IPT/IPTLD® Professor)
Back in the year 1980, R. North an immunologist from the Trudeau Institute in New York and colleagues were able to produce immune cycling with tumor regression by directing chemotherapy to immune suppressor cells. He also reported that if chemotherapy was given at the wrong day and earlier, it will not work, instead the tumor will grow faster and will give the impression that the tumor was resistant to the chemotherapy drug. (Science Magazine,May 2010).
While several of the doctors I have trained in Insulin Potentiation Therapy(IPT)and some patients who have a cancer recurrence are concerned with finding which chemotherapy drug will work best, I tell them that to have a successful cancer treatment depends on the accurate timing of delivering chemotherapy to match the fluctuation in each patient's immune system.
Not all cancer patients are cured by surger…